憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

F1マシン ロータス・ホンダ 99T 特集

ニュース

F1マシン ロータス・ホンダ 99T 特集
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ロータス99Tの存在価値/GP Car Story Vol.17 Lotus 99T

GP Car Storyの三橋です。
本日、GP Car Storyの最新刊Vol.17「Lotus 99T」が発売になります。
みなさま、ぜひともよろしくお願いいたします!

素晴らしいタイミングといいますか、今日から鈴鹿サーキットで日本GPが開幕しました。
1987年に初めて鈴鹿サーキットで開催されてから、今年は数えてちょうど30回目(そのうち2回は富士での開催ですが……)のメモリアルグランプリです。
その記念すべき最初のグランプリ、あの時のグリッド上にいた2台の99T。
1台は日本人として初めてフルタイムでのF1参戦を果たし、凱旋レースを迎えた中嶋悟が駆り、もう1台はニッポンF1ブームのまさしく「シンボル」的存在となったアイルトン・セナがドライブ。
今にして思えばこの組み合わせは“奇跡”ですよね。
この時のロータス・ホンダというジョイントが誕生していなかったら、のちの日本のF1ブームはあそこまで爆発的にはならなかったでしょう。
そう思うと最初に目の当たりにしたF1で、このふたりのコンビを見られた日本人は幸せだったのだと思います。

99Tはみなさんの中でどのようなマシンとして記憶されているでしょうか。
あのカラーリング、キャメルイエローはいろんな意味でインパクトがあったと思います。
メカ的にいえば、やはりアクティブサスペンションですね。
このデバイスを完全にものにしたのは、のちのウイリアムズ・ルノーであることは歴史的に認知されていますが、元祖は99Tなのです。
ただ、悪い言い方をすればアクティブサスしか見所がなかったクルマだったと言えなくありません。
今回、本誌をご覧いただければご理解いただけると思いますが、99Tは決していいクルマではなかったといえます。
同じホンダ・ターボを搭載するウイリアムズとは明確なポテンシャルの差が存在していたのは否めません。
選手権争いを基準に99Tを見た時、このクルマは決して主役にはなれなかった……。
なのに日本人にとっての印象は、ウイリアムズFW11B以上の価値を感じてしまう。
それこそ、あのクルマに中嶋悟とアイルトン・セナが乗っていたからだといえるのです。

今回、当時ホンダ F1の総監督だった桜井淑敏氏にお話を伺いましたが、実は87年からマクラーレンとウイリアムズにエンジンを供給するプランがあったというのです。
その際のラインアップはマクラーレンがセナとプロスト、ウイリアムズにピケとマンセル、まさしくあの時代を代表する“四天王”です。
今の我々からしたら、ホンダ・エンジンを搭載した最高のクルマで4人が戦う……そう像しただけでワクワクしてしまいます。
でも、F1がどういうものか理解し切れていなかった87年当時の日本のファンにいきなりこの対決構図を見せても、そのすごさを理解するには時間がかかったでしょうし、それ以前に本当に興味を持てたのかも疑問です。
のちの爆発的なブームを考えた場合、四天王の戦いよりもロータス・ホンダが誕生した事の方が歴史的役割において日本人には多大な影響を与えたのだと思います。
中嶋を介して、日本人はF1の世界に魅了されていきます。
そして、冒頭でも書きましたが、奇跡が起きたといえるのが、中嶋の隣にセナがいたことなんだと思います。
99Tを通じて、日本のファンはF1がいかなるものを学んでいく……結果的に99Tは選手権の主役にはなれませんでしたが、我々日本人のファンにとってはF1の始まりを象徴するマシンとして、今でも特別な存在であると思います。

99Tを駆ってセナは2勝(ポール1回)で選手権3位、中嶋は最高4位で選手権11位の結果を残しました。
あれから30年、この数字が何を物語るか実際に本誌をご覧いただいて、みなさん自身であらためて評価してみてください。

出典 http://www.as-web.jp

Lotus Honda 99T

 '85年後半からメキメキと力をつけ、'86年にはついにコンストラクターズタイトルを手にしたホンダ。セナは早い段階から、チャンピオンになるためにはホンダエンジンが必要であると感じ、ホンダに、ロータスへエンジン供給するように働きかけてきた。

 念願叶ってホンダエンジンが供給される'87年。ジェラール・ドゥカルージュ率いるロータス側も車体側で大きなトライに打って出た。創設者コーリン・チャップマンの遺産とも言えるアクティブサスペンションの搭載である。
 これはこれまでのコイルスプリング部分に変わり油圧のアクチュエータが搭載されたもので、路面からの入力をコンピュータが解析してこのアクチュエータを動かすことで、空力的に理想的な姿勢を保ちつつ、タイヤの性能を限界まで引き出そうという大掛かりなシステムであった。前年度コンストラクターズチャンピオンのウィリアムズを破るために、非常に意欲的な試みをしてきたと言えよう。

 一方でサスペンションとエンジン以外のシャシー自体は前年型の98Tから大きな変更はなかった。相変わらずカーボンファイバーシートを折り畳む独特の背の高いモノコックで、メス型のプリプレッグのカーボンモノコックでかなり低重心化を進めていたウィリアムズに比べると見劣りするものになりつつあった。実際、空力性能はウィリアムズよりもかなり遅れていたと言わざるを得ない。

 しかし、99Tの致命的欠点となったのは皮肉にも最大の武器のはずだったアクティブサスペンションであった。長い開発機間を経て投入されたアクティブサスであったが、まだその機能、信頼性とも未発達で、しかも致命的に重かった。

 アクティブサスに足を引っ張られながらもセナは、それでもホンダパワーに支えられて1つのポールと2回の優勝を飾り、シーズン中盤まで時にはランキングトップを引っぱりながらタイトル争いに踏みとどまってみせた。
 だが、結局ランキング3位に終わることになったこのシーズン中、セナは、ロータスではチャンピオンになれないことを悟る。そして、F-1界で最もプロフェッショナルなチームと言われるマクラーレンへの移籍を、ホンダエンジンとともに決めたのであった。それは、後の宿命のライバルの待つチームへの移籍を意味する。

出典 http://www.nobiles.jp

ロータスHonda 100T ('88):Honda Collection Hall 収蔵車両走行確認テスト 2015/8/25

F1 Detroit 1987 Satoru Nakajima Lotus Honda 99T

LOTUS HONDA 99T(1987) #11 S.Nakajima / Honda Collection Hall

【HONDA F1黄金期のマシン】Lotus HONDA 99T S.Nakajima

Ayrton Senna Lotus 99T - 1987 Brazilian Grand Prix

[Project CARS] Camel Team Lotus-Honda 99T @Dubai Circuit International (Skin on Lotus 98T)

みんなのツイート

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸