憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

日産 ブルーバード 910型 特集

ニュース

日産 ブルーバード 910型 特集
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

日産 1979 ブルーバード(910型) 懐かしの名車をカタログで振り返る・・・旧車カタログコレクション(web版)

 1979年に日産から発売された6代目ブルーバード(910型)です。ブルーバードの黄金期とも言えるほどの大ヒット作で、ブルーバードという車名を聞いたら真っ赤な910型SSSが頭に浮かぶ方も多いことと思います。昔ミスターこと長嶋茂雄氏が立教大学時代に「赤鉛筆の色は何色?」と問われ、「青」と答えたとのエピソードを聞いたことがありますが、この910型については、「青い鳥は何色?」と問われたら「赤」と答えてしまうぐらい、910型ブルの真っ赤なSSSは強い印象が残っていますね。

 さて、この910型ブルーバード、大ヒットした名車だけあって、今見てもセダンの王道ともいえるそのすっきりした直線的デザインに惚れ惚れしてしまいます。このようなスタイルのクルマに好感を抱く方が多かったということは、きっと人間の感覚は基本的に「シンプル・イズ・ベスト」なんでしょうね。カーブ、シュート、スライダー、フォークと、いろいろな変化球にもそれぞれの魅力はありますが、やはりもっとも心に強く訴えてくるのはど真ん中のストレート、と言ったところですね。

 ブルーバードからも日産からもちょっと話題がずれますが、東京モーターショーでスバルから発表されたレヴォーグというクルマ、あれなんて完全にこの910型ブルのように、「初心に帰って直球ど真ん中」のクルマのように思えます。あのクルマを見て、発表されたばかりの新型車なのに「懐かしい」と感じた方もきっと多かったのではないかと個人的には感じています。人々の「ど真ん中」は意外と変わらないものですね。

 ところで、最近ニュースでは自動車関係の税金の話題が賑やかですね。軽自動車の増税が話題の中心ですが、13年超の古いクルマに対してもしっかりと更なる増税が課されるようですね。910型ブルーバードはタクシー用の車種については14年間生産され続けましたので、どういう根拠で13年を超えると「古くて環境性能が悪いクルマ」となるのかはちょっとわかりませんが、今後はますます「古いクルマ」を大切に乗り続けることが困難な時代になっていくようですね。

 古いクルマに増税して買い替えを促さなくても、メーカーがより魅力的なクルマを開発して顧客が乗り換えたいと思うクルマを世に出せば良いだけのような気がしますが・・・。そもそも新しいクルマが「良いクルマ」とは限らないですしね。この910型ブルーバードが大ヒットしたのは、同じく大ヒットした510型の原点に戻ってその良さを時代に合わせてアレンジしたからです。つまり当時で言えば、610型や810型よりも510型のほうが良かったんですよね。

 910型ブルーバードやスバルのレヴォーグのようなパターンはこれまでも、そしてこれからもどんどん出てくると思います。そう考えると、いくら経済活性化のためとはいえ、あからさまな買い替え促進策には疑問を感じてしまいますね。多少カタログ燃費は良くなっているかもしれませんが、なんと言っても「良くないクルマ」に買い替えさせられるのですから。

ブルーバード・セダンターボ・SSS-S(P910型)
全長×全幅×全高 : 4510×1655×1385mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1115kg
エンジン : 直4OHCターボ 1770cc 135PS

出典 http://www.wald-licht.com

【6代目ブルーバード】(910型系)「ザ・スーパースター」「ブルーバード、お前の時代だ」のキャッチコピーを覚えていますか?

ブルーバード史上、最後のFR車となる。1970年代、開発・販売面での迷走を続けたブルーバードであったが、このモデルは派生型のロングホイールベース型や直列6気筒モデルを廃止するという思い切った見直しが図られ、バランスの取れた4気筒中型セダンとして設計された。

510型を髣髴とさせる直線基調の機能的でクリーンなスタイルなども手伝って、小型車(1600 - 2000ccクラス)で27か月連続新車登録台数第1位を記録するなど、910型は510型以来の大ヒットとなった。

広告のイメージキャラクターには沢田研二

広告のイメージキャラクターには沢田研二を起用し「ザ・スーパースター」「ブルーバード、お前の時代だ」のキャッチコピーが使われた、このCMで910型大ヒットの立役者となった沢田は引き続き次作U11前期型(ブルーバード・マキシマも含む)生産終了までイメージキャラクターを務める事となる、本人が歌うCMソングやナレーションも話題となった。

出典 http://middle-edge.jp

私が愛したクルマたち(6) 日産・ブルーバード(910)

私が中学生だった’80年代初頭。車のメーカーではとりわけ日産が好きであった。

 当時のセダンでダントツにカッコよく見えたのが、ブルーバード910である。

 マイチェン後に追加された「4ドアハードトップ」が、これまたカッコよかった。

ボディタイプは多彩である。カタログで最初に紹介されているのは、4ドアハードトップ。当時の日産車のハードトップは、センターピラーの無い、正真正銘のハードトップだった。
 トヨタが「4ドア・ピラードハードトップ」という紛い物のハードトップをリリースしていたこともあり、「やっぱ本物のハードトップを作る日産は、さすがだなぁ!」などと、当時の私は考えていたものだ。
 あの頃は、ボディ剛性とか衝突安全だとかが今ほど重要視されていない、おおらかな時代だったのである。

出典 http://blog.goo.ne.jp

910 DATSAN Bluebird

NISSAN BLUE BIRD SSS turbo-X 910 日産 ブルーバードSSS ターボ X 910型

80ヒーロー・ニッサン910型ブルーバード

910ブルーバード前期CM

【GT5】 日産 ブルーバード ハードトップ 1800SSS (910) '79 【DEMO】

みんなのツイート

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録