憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

F1マシン 6輪 ティレル(タイレル) P34 特集

ニュース

F1マシン 6輪 ティレル(タイレル) P34 特集
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

6輪のF1を知っていますか?ティレル「P34」という驚きのマシン、その速さの理由とは?

1976年に異彩を放ったマシンがF1界に登場しました。その名は「P34」。一体何が変わっていたかというとタイヤが6つ…この奇妙な姿に多くの人が驚きを隠せませんでしたが、優れた成績を残しレース界に大きな影響を与えていたマシンなのです!

出典 http://motorz.jp

F1に6輪車が存在していた驚くほど合理的な理由 ティレル「P34」

一目見て「なんじゃこりゃ?」という印象を持つ人がいる一方、「懐かしいなぁ」と思う人もいると思います。ラジコンカーを持っていた人もいるかもしれません。今回はそんな特定の年代の人には有名なF1カーを紹介します。

ティレル「P34」は、かつてイギリスに存在していたレースチーム「ティレル」(当時の日本ではタイレルと表記)が、1976年から1977年までのF1世界選手権に用いたフォーミュラー1カーです。
発表当時は、異例の6輪F1カーということで大変注目を集めました。

出典 http://car-moby.jp

なぜ前輪を4輪にしたか?

なぜ前輪を4輪にしたか?

 F1マシンの運動性能、特に加速・旋回・停止では、他のカテゴリーのマシンと比べて抜群に優れている。

ところが、巨大なタイヤが剥き出しのため空気抵抗となって直線での速度が抑えられてしまう。そのため、

最高速度では、WSCカーやルマン・カーには劣ってしまう。

「それじゃ、タイヤを小さくしよう!」 というのが6輪車誕生の発端である。ティレルの場合は、

カウルの影に小径の前輪を収めることで、前部の空気抵抗を減らし、直線での速度を稼ぐ

これが当初の目論見。

 しかしタイヤを小さくすると前輪の接地面積が減少し、グリップの低下に伴い旋回時の速度が落ちてしまう。

対策として小径タイヤを2本追加することで、接地面積を普通のタイヤ2本より稼ぐ

という発想でこのマシンは誕生した。

 その結果、当初の目的である直線スピードには大した効果はなかったが、舵の利きは鋭く、コーナーリング

での速度が高まり、加えてブレーキの強化(制動距離の短縮)がタイム短縮に寄与するはずだった。



 デビューから3レース目のモナコGPでは、J.シェクター2位、P.デュパイエが3位に入り

そろって表彰台へ上がった。そしてスウェーデンGPでは、シェクター、デュパイエの1、2フィニッシュを

決めてしまう。

 この年6輪ティレルは、優勝はこの1勝だけであったが、2位に9回入り、コンストラクター3位という

現在のティレルからは想像もつかない好成績を納め、一時は6輪車の優位を証明したこともあった。

出典 http://www5.plala.or.jp

Radical Formula One Car: Tyrell P34

F-1 90年 EPSON ケン ティレル

1976-1977 Formula 1 - Tyrrell P34 Six Wheeler Tribute

タミヤ タイレルP34 1977 モナコGP 走行 TAMIYA Tyrrell P34 SIX WHEELER 1977 MONACO GP

F1 1977 - Monaco GP - Patrick Depailler - Tyrell P34 - On Board

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ