Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

三菱 ミニカ スキッパー 特集!

ニュース

三菱 ミニカ スキッパー 特集!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード

三菱 ミニカ スキッパー (A101 ’71-’74):キャッチコピーは「こしゃくにも…クーペです」

三菱自動車の軽スペシャリティカー「ミニカ スキッパー」は、1969年の東京モーターショーでプロトタイプが出展された後、1971年5月に発売が開始されました。1969年に2代目にフルモデルチェンジした軽セダン「ミニカ」をベースに、前年に発売されたスペシャリティカー「コルト ギャラン GTO」のミニチュア版的なエクテリアデザインを持つボディを架装した、こしゃくな雰囲気のモデルでした。

独創的なスタイリング

ボディ形状はファーストバックの2ドアクーペで、ミニカ同様に直線を基調としたボディラインで構成され、キックアップしたリアクォーターウィンドウや切り落としたようなカットオフテール、後方視界を確保する為にテールランプ上部に設けられたスモークのスクープドウィンドウ、ヘッドランプの内側にフォグランプを装備する丸型4灯式ランプなどがデザイン上の特徴でした。

乗車定員は4人で、フル4シーター軽クーペとしては1970年に発売された「ホンダ・Z」に次ぐものでした。又、テールゲートの替わりに国産車初となるグラスハッチゲートが設けられていました。ボディサイズは全長2,995mm×全幅1,295mm×全高1,275mmで、全長と全幅は当時の軽自動車規格いっぱいのサイズであり、全高はミニカよりも70mm低く、ホイールベースはミニカと同一の2,000mmでした。

出典 http://b-cles.jp

ミニカスキッパー | 1970年代 | 三菱車の歴史

『ミニカスキッパー』は、『ギャランGTO』のイメージを踏襲し、当時流行のファストバックスタイルを軽自動車で実現したスポーティモデルで、1971年(昭和46年)5月に発売されました。日本初のスクープドウィンドウを採用し、後方視界を確保したハイカットオフテールが特長です。大人っぽい若者が毎日の生活をスマートに多彩にエンジョイできる車という思いを込めて「スキッパー」(小意気な船のキャプテン)と名づけられました。当時のカタログには「こしゃくにも・・・・・クーペです」と書かれているのが印象的です。最上級モデルGTの2G10エンジンはSUツインキャブ水冷38PS、最高速120km/hの性能を誇り、その証としてエアクリーナーケースを金色に塗装し「ゴールドエンジン」と呼びました。その後大気汚染問題に積極的に対応すべく、1972年10月に水冷4サイクルバルカンエンジンに換装。車名を『スキッパーⅣ』に改めました。ラジアルタイヤ、バケットシート、ステレオ等々、小型車のスポーティモデル並の装備がふんだんに盛り込まれたのも「スキッパー」の特長のひとつでした。

出典 http://www.mitsubishi-motors.com

疾走する!ミニカ スキッパー!

三菱 ミニカスキッパーⅣ EG始動

三菱 ミニカスキッパーⅣ A102

おちゃめなスキッパー

minica skipper Ⅳ

みんなのツイート

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録