ランボルギーニ・ジャルパ 特集!

ニュース

ランボルギーニ・ジャルパ 特集!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
楽天オート【楽天市場の中古車無料一括査定】

アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード

総生産台数410台のランボルギーニ ジャルパが販売中

ランボルギーニといえばカウンタックやミウラ、ディアブロなど、「ザ・スーパーカー」と呼ぶべきモデルが豊富にありますが、その中では今回紹介するジャルパはあまり多くの方には知られていないモデルかもしれません。

実はこの車、写真のカラーリングと共に筆者には馴染み深いモデルです。スーパーカーブームの時に、何かお菓子のおまけで当たりが出ると、スーパーカーのポスターがもらえたのですが、それでもらえたのがこの、ホワイトのジャルパのポスターでした。今は逸失してしまいましたが、整った美しさを感じます。当時はカウンタックなどの派手さに隠れて、その良さには気づけませんでした。

ジャルパが誕生したのは1981年で、デザインを手がけたのはベルトーネ、ヘッドライトの形状やフロントバンパーとの位置関係などにそこはかとなく、同社が手がけたフィアットX1/9との共通性も感じます。

https://carnny.jp/2876

出典 http://carnny.jp

ランボルギーニ ジャルパ

ランボルギーニ ジャルパ (’81-’89):シルエットを正常進化させた後継モデル

ランボルギーニは、1979年に生産終了となった「シルエット」に代わるエントリーモデルとして、1981年3月に開催されたジュネーブショーにおいて新たなミッドシップ2シータースポーツカー「ジャルパ」を発表しました。プラットフォームや基本的なメカニズムをシルエットから受け継ぎながら、内外装に変更が加えられた他、パワートレインも改良されました。

ベルトーネの手によりリデザイン

モノコック式の車体構造や4輪ストラット式のサスペンション形式、4輪ベンチレーテッドディスクブレーキといった基幹部分は、シルエットからそのまま踏襲されました。その一方で、タイヤはフロントが195/50VR15、リアが285/40VR15と前後で極端に異なるサイズだったシルエットに対し、フロントが205/55VR16、リアが225/50VR15という一般的なサイズに変更されました。

ボディはベルトーネの手によりリデザインが施され、デチャッタブルトップの継承を含めシルエットの基本フォルムを守りながら、前後バンパーやフロントスポイラー、エンジンフードやエアインテークの形状などが変更されました。同時に、アルミホイールの意匠が前年に発表されたベルトーネのコンセプトモデル「アトン」のそれに類似したものに変更された事と相まって、イメージのリフレッシュに成功しました。

http://b-cles.jp/car/super/lamborghini_jalpa.html

出典 http://b-cles.jp

ランボルギーニ ジャルパ

Lamborghini Jalpa

【スーパーカー】二条城でランボルギーニ・ジャルパ 1985年 Lamborghini Jalpa

ジャルパ.MOV

1985 Lamborghini Jalpa: A Comprehensive Review

Lamborghini Jalpa driven Hard: Best Jalpa video!

燃料切れ キャッシング比較ならくらべる君
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

JAFのサービスでドライブを快適に!

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!