次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

マツダ コスモスポーツ 特集!

ニュース

マツダ コスモスポーツ 特集!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード

マツダ コスモスポーツの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

時は1965年5月、当時革新的だったロータリエンジンを、NSU-ヴァンケル社との技術提携を経て、多くのメーカーが開発を断念していました。

 その中、マツダの技術陣が量産車として初めてロータリーエンジンを搭載した、2シータースポーツカー「コスモ スポーツ」として世に出したのです(ローターリー・エンジン搭載市販車としてはNSUスパイダー(1964年 昭和39年)があったが、2ローターとしては世界初である)。

 後にマツダの代名詞ともなる「フロント・ミッドシップ」の発想が既にされており、エンジンは極力低く後ろに配置されていました。

 コスモスポーツには、大きく2種類のタイプが作られました。
 初期型L10A(1967年5月から1968年7月までの生産)が、110PSの10A型ロータリーエンジン(491 cc ×2)。後期型L10B(1968年7月から1972年の9月までの生産)は、128PSの10A型改が使われていました。

 両モデル共に、全高1165mmの低く流れるような外見ですが、差異としては、前期型がエアインテークが真っすぐなタイプ、リヤバンパーも長いロングテール。後期型はエアインテークが広くなり、テールも短くなりました。前期型のサイドウインカーが丸タイプで後期型は四角くなりました。

出典 http://car-moby.jp

コスモスポーツ

【MAZDA】コスモスポーツ編|マツダの名車たち

 世界で初めてロータリーエンジンを搭載した量産車「コスモスポーツ」が公の場にその姿を現したのは、1963年10月の東京モーターショー(当時の全日本自動車ショウ)のことである。当時の松田恒次社長がプロトタイプで会場に乗りつけたとき、その姿は人々を驚愕させた。美しく未来的なプロポーションに、優れた走行性能。「走るというより、飛ぶ感じ」という言葉をまさに具現化した車であった。

苦難と挑戦の歴史・ロータリーエンジン

 マツダにおけるロータリーエンジンの開発は1961年に始まりそれから6年の歳月を費やす、まさに苦難と挑戦の歴史だった。中でも最大の難関だったのは、一定時間運転すると内壁面に発生する「チャターマーク(波状摩耗)」、いわゆる「悪魔の爪痕」である。幾多の挑戦を重ね、最終的に高強度カーボン材にアルミをしみ込ませたシールを開発してこの難題を克服、マツダのロータリーエンジンは誕生した。多くのメーカーが開発を断念する中、マツダは実用化に成功。ロータリーにかける情熱と執念により、ロータリーエンジン搭載車「コスモスポーツ」が誕生したのである。

出典 http://www2.mazda.com

コスモスポーツ

マツダ コスモスポーツ(前編)-商品概要紹介

Mazda コスモスポーツのサウンド!COSMO SPORT 2/2

コスモスポーツエンジン始動(エンジンOH後)

CM マツダ コスモスポーツ(初代)

マツダ コスモスポーツ L10A 前期モデル エンスーの杜

みんなのツイート

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録